キャットフード「ウエットタイプ」

ウエットタイプは水分量が75%以下のものを指します。ウエットタイプはドライフードに比べて水分も一緒に摂ることができるので水分不足になりがちな猫にとってはメリットがあります。しかしドライフードよりも保存料がたくさん使われています。

ウエットタイプは水分量を多く摂取できますがタンパク質や脂質の栄養素がふそくしがちになります。購入の際はラベルになるべく動物性タンパク質が含まれているものにしましょう。そして総合栄養食のものを選ぶと1日に必要な栄養を摂取することができます。

カナガン・ロイヤルカナン・いなば チャオとこの3つは添加物も含まれておらず缶詰の中ではタンパク質がとても高いです。ドライフードに比べてウエットフードの方がデメリットが多いですがもちろんめりっともあるので費用と猫の好みに合わせて与えるようにしましょう。

このウエットタイプはニオイも強く食感も猫にとっては大変好みなものですが食べかすが歯に詰まりやすく口臭や歯石の原因となります。猫は歯磨きをしないので歯石がたまると口の中の汚れがたまりトラブルが発生することがよくあります。

ウエットタイプの賞味期限は短いのですぐに食べさせるか残った場合は容器に移し替えてラップをして冷凍保存しましょう。

シンプリーキャットフードは楽天で買える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です